TOP 誕生〜現在まで 生きる 関連資料 サイトマップ
朝比奈玄甫の部屋

TOP
誕生〜現在まで
生きる
創る
学ぶ
出合う
関連資料
朝比奈玄甫プロフィール
デジタルアーカイブとは
書道教室「げん」
朝比奈玄甫ブログ
作品23選

  1946年〜1960年
誕生〜少年期(昭和21年)〜(昭和35年) 朝比奈玄甫 年表
1946年静岡県周智郡森町(谷中)に生まれる。
園田小学校4年の夏、父親が静岡中央警察署に異動を命じられる。が、4年終了時まで祖母と叔母の3人で田舎に留まる。その時の恩師から餞別に固形墨と「将来先生になるんだね」との言葉をいただく。
中学時代、生徒会顧問の先生との出会いで民主主義のこと・男女平等のことなど様々なことを教授される。

1961年〜1968年
青年期 (昭和36年)〜(昭和43年) 朝比奈玄甫 年表
高校から浪人生活をはさんで大学の8年間は、何事にも一心(全力投球)に取り組んだ。
勉強の挫折、部活動、アルバイト、…そして人(恋人・先輩・師)との出会い。

1969年〜1976年
活動期-1(昭和44年)〜(昭和51年) 朝比奈玄甫 年表
養護学校教諭時代
結婚、二人の子供の誕生。そしてライフワークである「書」の制作に励んだ時期でもある
各書道展の特別賞受賞

1977年〜1996年
活動期-2(昭和52年)〜(平成8年) 朝比奈玄甫 年表
小学校教諭、幼稚園園長時代
中堅教員研修・教科指導研修(算数・数学科)岐阜の加納小学校へ留学するなど、教育技術の幅を広げ、また、へき地校・幼稚園など多様な学校を経験。「書」への変わらぬ情熱で制作に励む。国際書展の準大賞受賞。作家に仲間入り。

1997年〜
円熟期(平成9年)〜 朝比奈玄甫 年表
小学校校長、旧静岡市児童会館の館長を経て、静岡科学館「る・く・る」の初代館長に。
「書」との関わりもさらに深くなり、静大OBによるミレニアム書展、中央でのグループ展などを経て、2007年「墨遊び二人展」を開催
そしてこれから…