TOP 誕生〜現在まで 生きる 関連資料 サイトマップ
朝比奈玄甫の部屋

TOP
誕生〜現在まで
生きる
創る
学ぶ
出合う
関連資料
朝比奈玄甫プロフィール
デジタルアーカイブとは
書道教室「げん」
朝比奈玄甫ブログ
作品23選

 
朝比奈玄甫

朝比奈玄甫
(あさひなげんぽ)
姓号:朝比奈玄甫(ゲンポ)
本名:國雄(クニオ)
生年月日:1946年(昭和21年)4月1日
職業:書家、常葉学園大学教育学部講師(初等教育課程)、
常葉学園大学教育学部附属橘小学校講師


1946年(昭和21年)遠州森町に生まれ、小学校4年までを田舎で過ごす。
父の転勤で県都静岡の小学校に転校。以降、中学・高校・大学を静岡市で過ごす。
静岡大学書道部に入部。そこで書道、人生観の基礎を培う。就職・結婚・2児の父となる。教育生活37年定年退職後、趣味である書道に専念。4人の孫と遊ぶことが最高の楽しみ。


朝比奈玄甫書歴
ふりがな
あさひな げんぽ 顔写真
姓 号
朝比奈 玄甫
本 名
朝比奈 國雄(クニオ)
佐野丹丘先生 大井碧水先生
所 属
産経国際書会審査会員(理事)
東洋書芸院審査会員(常任理事)
書道研究尚友会常任理事 東洋書人連合理事
静岡県書道連盟会員 静岡市書道会会員
書道研究会「げん」主宰
経 歴
1946年(昭和21年)遠州森町に生まれ、小学校4年までを田舎で過ごす。父の転勤で県都静岡の小学校に転校。以降、中学・高校・大学を静岡市で過ごす。静岡大学書道部に入部。そこで書道、人生観の基礎を培う。就職・結婚・2児の父となり、教育生活37年定年退職後、趣味である書道に専念。4人の孫と遊ぶことが最高の楽しみ。
1965年
 
1966年
 
1967年
1968年
1969年
 
 
1971年
1972年
1973年
1986年
1990年
1998年
 
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2006年
 
 
2007年
 
 
 
 
2008年
昭和40年
 
41年
 
42年
43年
44年
 
 
46年
 
48年
61年
平成 2年
10年
 
11年
12年
13年
14年
15年
18年
18年
18年
19年
 
 
 
 
20年
4月
8月
1月
7月
7月
7月
1月
3月
7月
1月
7月
8月
4月
4月
10月
 
6月
5月
9月
12月
1月
1月
3月
4月
8月
9月
 
10月
 
2月
静岡大学書道部に入部
現代書を知る(近代詩文書) 佐野丹丘先生、大井碧水先生と出会う
奎星展初出品初入選
毎日書道展初出品初入選
毎日書道展「秀作賞」受賞
上田桑鳩先生の箱書きに立ち会う。 強烈な感動(創作)を受ける
奎星展「奨励賞」受賞
静大書道部卒業3人展(吉山・島崎と)
毎日書道展「秀作賞」受賞
奎星展「奎星賞」受賞 毎日書道展「毎日賞」受賞
奎星展「奎星賞」受賞
第1回玄甫個展(呉服町夏祭り協賛)
第3回産経国際書展「準大賞」受賞
第2回玄甫個展(静岡市民ギャラリー)
現代書5人展(静岡市アートギャラリー)
(大井碧水・小杉修史・堀江宣久 伊藤敏道・玄甫・賛助出品佐野丹丘)
静岡大学50周年記念書展(静岡伊勢丹)
静大OBによるミレニアム書展(静岡市アートギャラリー)以後毎年開催
日本現代書蘭州展&西安・敦煌に行く
大井碧水遺墨展&20人展(ユニグラバス銀座画廊)
尚友会現代書展(東京鳩居堂画廊)
尚友会現代書展(東京鳩居堂画廊)
教職定年退職
書道教室「げん」開く
墨遊び二人展(静岡県教育会館)
日本現代書ドイツヴァンゲン展
ヴァンゲン・ミュンヘンに旅する。ワークショップも開催し好評を得る
静大OBによる2007書展(アートギャラリー)
朝比奈玄甫書道作品展(静岡市秋山郵便局)
第5回朝比奈玄甫書道作品展(ボンヌール総本店)